Geistburg relics

自分用外部記憶箱

アホゲ、縄張り失陥の危機

そもそもアホゲは成長も遅く頼りないアオサギではあるのだが。

アホゲ

それでも去年のアオスケが今頃そうだったように、嘴がほんのりピンクに染まって大人になりつつあることを感じさせもするのだが。

アホゲ縄張りを我が物顔で闊歩する新顔

やたら滅法気の強い幼鳥がアホゲ縄張りに居座り、アホゲが明らかに気負けしてしまっている。この分だと追い出されるのは時間の問題だ、アホゲ、ピーンチ!

新顔、目が座っていて目元に薄く緑色が差しているのが特徴

真っ当なアオサギ成鳥

この時期の剛の池上空でよく見られる一幕。枝を運んでいるのはオスで、番いのメスに届けて巣を編ませるのだそうだ。アオスケもどこかでやってんのかな?

のわりには能天気にイワシ食いにくるアオスケ

チュウスケ

芝エビをゲットしてモサモサの前を横切る

ふるさと納税で入手したいい感じの芝エビをお裾分けしてやったのだが。

よく噛むチュウスケ

皆美味しそうに食べたのだが、アオサギたちが丸呑みするのに対し、チュウスケだけがエビはよく噛んで……歯がないから噛んで、というのはおかしくて、正しくは潰して、というべきなのかもだが……食べるということに気づいた。

ダイサギに普遍的なことなのか、チュウスケという個体が特別神経質なのか、は今のところ不明である。

もういっちょチュウスケ

トモエガモの番い!

これまでオスのみを見るばかりだったトモエガモが、薬研堀に番いでいるのを発見。

ミコアイサ(メス)と一緒に

張り合って(?)トモエガモのオスも立ち上がる

ボクらの視線を気にしていたので「嫁さんはオレが守る!」だったのかもしれない。そのわりには嫁の後ろにいるのが気になるが。

キンクロハジロ(オス)

ハシビロガモ(オス)

ハジロカイツブリ

カイツブリ

ツグミ

ユリカモメの冬毛と夏毛

やや夏毛の方の写真のチョイスに悪意があるような気がしないでもないが、ユリカモメは冬/夏で随分と顔が変わる。以前にも夏毛になりきれていない個体を捉えたことはあったが、まだ寒いのに気の早い衣替えが始まりつつある子に出会った。

まだらユリカモメ

知らなかったら、どこか悪いんじゃないか、と思ってしまう顔色だが、こうやってじわじわと黒く染まっていくらしい。

汀で何かを探すオオバン

って……アレだよな、多分きっと。

たまには大きめのイワシ

そもそもイワシはボクの好物なのである。で、今年は随分とイワシが豊漁だそうでありがたく日々堪能しているのだが、妻とふたり暮らしだとしばしばお買い得なイワシは食べ切れない量なのである。

最初にやって来たのはチュウスケ

いつもの連中にお裾分けしてやろう、とお出かけ。最初に目敏く現れたのはチュウスケだが、ここはアホゲの縄張りなので、縄張りの主からくれてやるのが筋というものである。

見慣れぬ大きなイワシをガン見

アホゲが興奮のあまりフライング

チュウスケもゲット

ごっくん!

モサモサもこの表情

モサモサは、どうも期待しているものとサイズが違うせいか最初は怯えている様子だったのがおかしい。

チュウスケがコスケを追い払おうとする

今日のイワシは流石にコスケには大き過ぎるので、コスケ用にいつものバルト海産の小振りなイワシも用意していた。

コスケの背後にユリカモメが迫る

投げ込まれたイワシを追うコスケ

辛うじてゲットし即離脱!

今日も最後に現れたアオスケ

モサモサその他に縄張りで好き勝手されていたのになかなか姿を見せなかったアオスケ。やはり婚活中なのだろうか。まぁ、結局騒ぎに気づいてやってきて皆を蹴散らすのだが。

イワシ、カモーン!

ご満悦のアオスケ

上の動画はチュウスケが水を呑む様子なのだが、一口呑む都度に首を左右に振って水滴を払う動きがまるで口を濯いでいるみたいで面白かったので撮ったもの。チュウスケは常にこういう動きを見せるが、これがダイサギに普遍的なものであるのかは未確認である。

コスケはきれい好き

今日も今日とて剛の池のサギたちと遊んだ。

一直線に並んで飛んで来るチュウスケ、コスケ

チュウスケ参上

さらに前を取ろうするコスケ

遅れてモサモサが合流

この子たちの中でもコスケだけは、イワシを与えてもその場で食べようとはせず、DMZまで持ち帰って食べることが多いのだが、今日はよほどお腹が空いていたのか目の前で食べた。

イワシを洗うコスケ

で、これもやはりこの子だけの特徴になるが、常に、でこそないが、コスケはこのように一旦イワシを水面につけて濯ぐような動作をしてから食べることが多い。単純に考えるときれい好き、ということになるかと思うが、真の理由はよくわからない。

アオスケ遅参

従来、たいてい一番手で現れていたアオスケが今日も遅れて合流した。たちまちにモサモサを追い払ったのだが、やはり婚活なり妊活なりの最中なのだろうか。

色気たっぷり

アオスケ、と名付けた自分はまだまだ幼い感じだったのに、いつのまにやら随分と艶めかしい姿に成長してしまった。が、不思議と目元に他の成長アオサギには感じられないあどけなさを覚えるのは、こちらの贔屓目だろうか。

アホゲ飛来

なんだか、益々アホゲ

この子も後頭部の冠羽だけがやたらと立派に伸びてきたように思うのだが、それすらもどことなくアホっぽいのは、ボクらが毎々日々、アホゲ、アホゲ、と呼び続けた呪いなのかもしれない、と考えてしまっている。

モサモサ

桜堀の馴染みのオオバン

咥えているのはカラスケのおやつに、と持参したブランスティックなのだが、カラスケが現れず、試しに投げてみたら美味しそうに食べた。